〒101-0031東京都千代田区東神田1-13-17 森ビル1F
Google マップで見る >

OPEN 12:00  CLOSE 18:30(土17:00、日18:00)
休廊日は展覧会により異なります

03-6206-0811

OPEN
12:00
CLOSE
18:30
(土17:00、日18:00)

休廊日は展覧会により異なります

Aubade コウゴ・カナエ 3

2022.09.07

2022.09.07

前回は台紙をカットしました。
しかしながら、設計図に間違いがあったため、二度刷り直してようやくカットが完了しました。

カットし直した台紙

紙パーツのカットと折り

今回は紙パーツをカットします。
カットする紙には、一辺が2.6mmと3.0mmの二種類の大きさの立方体のうち、それぞれの一面が無く中が空洞になったような展開図を印刷してあります。
コウゴさんはこのパーツのことを「紙粒(かみつぶ)」と呼んでいます。

一面だけがない立方体の展開図の形に切り出されたパーツ

紙パーツのはめこみ

カットと折り作業が終わったら、台紙にはめこみます。
手でカットしているため、台紙の穴や紙粒の大きさがほんの少し異なります。
台紙の穴にぴったりなパーツを目視で選び、はめこみます。

台紙の穴にぴったりはまるパーツを選ぶ
台紙の穴にはめ込まれたパーツ

裏から見るとこんな感じです。

作品を裏から見た状態

完成

すべての紙粒をはめ込んだら、額装をして作品は完成です!

タイトルはこのタイミングで決定することが多いです。
今回は、夜明けの光(Dawn)と、日が昇り始めたころの空のようす(Asayake)から名付けました。
また、9/11からの「Aubade」への出展にあたり、すべての作品に音楽用語のサブタイトルをつけています。

左『Dawn – Adagio -』,右『Asayake – Allegro -』

自然界の刻々と移り行く色彩を、既製品の紙に置き換える繊細な色彩感覚と構成力、溢れる紙への愛、0.1mm単位の緻密な作業が合わさって、コウゴさんの作品は生み出されます。
是非実物を見にギャラリーへ足をお運びください。

Aubade
2022年9月11日(日) ~ 2022年9月22日(木)
12:00~18:30 / 日曜 12:00~18:00/12日、20日 休/ 最終日~17:00迄

Page Top