〒101-0031東京都千代田区東神田1-13-17 森ビル1F
Google マップで見る >

OPEN 12:00  CLOSE 18:30(土17:00、日18:00)
休廊日は展覧会により異なります

03-6206-0811

OPEN
12:00
CLOSE
18:30
(土17:00、日18:00)

休廊日は展覧会により異なります

2022年9月11日(日) ~ 2022年9月22日(木)
12:00~18:30 / 日曜 12:00~18:00/12日、20日 休/ 最終日~17:00迄

Aubade

桑原佑実子 コウゴ・カナエ タケイチユリ 中島瑞貴 福田美菜 

Aubadeをテーマに5人の作家が作品を制作いたします。
オーバードとは、音楽用語。フランス語:aubade, [ɔ.bad]。夜明けに別れる恋人たちの詩または歌のこと。
さらに、「夜明けに関係する・夜明けに付随する・夜明けを喚起させる歌曲または器楽曲」とも定義されています。

夜明け=はじまりであり、終わりでもある。柔らかい光、兆候、予感。
イメージできる感覚を、作家独自が表現。溢れる世界観がご覧頂けることでしょう。
色々な種類(技法)の作品を見ることのできる展覧会です。是非ご高覧ください。

ステイトメント

桑原佑実子
目には見えないけれど、確かに存在するものや存在していたものを円という形に置き換えて作品に残そうとしています。
気が付いたら忘れていたもの、過ぎ去ってしまったものに、作品を通して向き合える時間を持って頂けると嬉しいです。

 

コウゴ・カナエ
夜を延長して迎える朝の、光の色を折り込みました。

 

タケイチユリ
夜が目に見えない時間だとしたら、auberdは、、
ほんのりと空が青くなり、目に見えない世界と日常とが溶け合い始める、
素敵な幕開けのタイミング。 生き物たちの不思議な姿も垣間見られるかもしれません。

 

中島瑞貴
写真に残る過去の記録と人が持つ記憶から過ぎた時間を想像しながら制作をしています。
作品の中心になるのは人の存在です。 誰かの記憶の中に息づいている人物が確かに存在した痕跡を辿り、
それを通じて自分が何を見ようとしているのかを探しています。

 

福田美菜
“夜明け”をテーマに、銅版画のコラージュやアクリル絵の具を使い、そこにたしかにある“闇もふくまれた光”を表現しました。

Page Top