〒101-0031東京都千代田区東神田1-13-17 森ビル1F
Google マップで見る >

OPEN 12:00  CLOSE 18:30(土17:00、日18:00)
休廊日は展覧会により異なります

03-6206-0811

OPEN
12:00
CLOSE
18:30
(土17:00、日18:00)

休廊日は展覧会により異なります

大平真梨 展 Small Sanctuary 2

2022.08.23

2022.08.23

前回に引き続き、大平真梨さんの制作の様子をご紹介します。

本焼き後

施釉した作品を窯に入れて1230℃以上で約10時間くらいかけて焼成します。
下地の釉薬に隠れていた色がうっすらと透けて見えるようになっています。
この色は素焼き前の土が生の状態の時に、土に顔料を混ぜたものを塗り重ねたものです。

本焼き後の状態

色計画

ここで少し作品から離れまして、この後の工程でどこに金彩を施すか、プリントした本焼き後の作品の写真に色鉛筆を塗りながら決めていきます。

プリントした写真に色鉛筆を塗って金彩の計画を練る

金彩

イメージが固まったら、筆を使って作品に金彩を施します。
金彩は厚すぎず、薄すぎず適度な厚さが求められ、埃や気泡が残っていても綺麗に焼き上がらないので丁寧に塗り、慎重かつ迅速に作業を進めます。
この段階ではチョコレートのような色をしていますが、焼成すると綺麗な金色に変化します。

作品に金彩を塗る

金彩を塗った作品は、埃が表面に付着しないよう気をつけながら一晩くらいかけて乾燥させます。

金彩を乾燥させた後の作品

続く

出来上がった作品は期間限定のOnlineGalleryでも鑑賞できます。

大平真梨 展 Small Sanctuary
2022年8月26日(金) ~ 2022年9月3日(土)
12:00~18:30 / 日曜 12:00~18:00/月曜休 / 最終日~17:00迄

Page Top