〒101-0031東京都千代田区東神田1-13-17 森ビル1F
Google マップで見る >

OPEN 12:00  CLOSE 18:30(土17:00、日18:00)
休廊日は展覧会により異なります

03-6206-0811

OPEN
12:00
CLOSE
18:30
(土17:00、日18:00)

休廊日は展覧会により異なります

2023年10月10日(火) ~ 2023年10月21日(土)
12:00~18:30 / 日曜 12:00~18:00/月曜休 / 最終日〜17:00迄

Art atrium 2023 -Sunburst-

柴田有子 伊藤雅美 道源綾香 山内賢二 髙山真衣

Art atriumとは、アトリウム(中庭)がもたらす明るさと影、開放感、そして心に新たな風を運ぶアート空間のこと。この展覧会は5人の作家に制作をしていただきました。

「サンバースト」と題したこの展覧会は、アンドリュー・ヨークのクラシックギターから名付けました。Sunburstは、〔雲間から急に〕日が差すこと。展示の中で、雲間から急に射す太陽のように、鑑賞者の心にも光をもたらすことでしょう。それぞれのアーティストが個性的な表現を通じて、独自の視点でサンバーストを捉えていきます。
抽象的なアートから写実的な作品まで、様々なジャンルが一同に集まりますので、ごゆっくりご覧ください。
どうぞお誘い合わせの上、アートの饗宴に足をお運びください。

作家

柴田有子 Yuko Shibata

1974年 兵庫県生まれ
1997年 女子美術大学芸術学部絵画科洋画専攻卒業

2000年 「柔らかい鎖」オレゴンムーンギャラリー(東京都)
2002年 グループ展「’5’」佐倉市立美術館(千葉県)
2003年 個展~On Going vol.2 関連企画~ ギャラリー惺(東京都)
2004年 「スカート」マキイマサルファインアーツ・S(東京都)
2005年 「サイダー」オーパ・ギャラリー/ショップ(東京都)
2006年 「okurimono」ギャラリーカフェ庵(千葉県)
2007年 「”ヨルニモリデ、”」ギャラリー椿・GT2(東京都)
2008年 「みづうみ」Lamp harajuku B1F gallery(東京都)
2009年 グループ展「もう一つのアンデルセン物語」
ふなばしアンデルセン公園子ども美術館(千葉県)
2010年 「skirt」ギャラリー58(東京都)
2011年 「夢を紡ぐ -chain stitch-」GALLERY & BAR ノラや(東京都)
2012年 「夜を編む」ギャラリー58(東京都)
2013年 「星を汲む」ギャラリー福果(東京都)
2014年 「海のおみやげ 山のおみやげ」ギャラリー58(東京都)
2015年 「スカートの夢」ギャラリー子の星(東京都)
2016年 「mer de mère -海から生まれる-」ギャラリー58(東京都)
2017年 「tricot -彼方を編む-」ギャラリー福果(東京都)
2019年 「夢を績む」ギャラリー58(東京都) 2022年 「まなうらの海」ギャラリー58(東京都)

受賞歴
2003年 HEARTLAND KARUIZAWA DRAWING BIENNALE 2003 入選
2015年 100周年記念大村文子基金 平成27年度「女子美 制作・研究奨励賞」 受賞

 

伊藤 雅美 Masami Ito

熊本県生まれ。金沢美術工芸大学油画専攻卒業。現在三重県在住。
絵や造形活動を教える仕事をしながら、絵画制作をしています。
1977年 熊本県生まれ
2001年 金沢美術工芸大学油画専攻卒業

公募展
2004年 トーキョーワンダーウォール2004入選
2004年 シェル美術賞2004入選 作品買い上げ 記念カレンダーに作品採用

2005年 群馬青年ビエンナーレ2005入選

個展
2008年 「Fullness」 (熊本市 カフェギャラリートト)

二人展
2001年 「夢と光の家」 (金沢市民芸術村 里山の家)
2007年 「Still Life」 (熊本市 カフェギャラリートト)

グループ展
2007,2010年 「花鳥風月」 (SAN-AI GALLERY)

2007,08,09,13,14年 「ドローイング展」(SAN-AI GALLERY)

2018年 「ruminate」(SAN-AI GALLERY)
2020,21,22年 「アート・アトリウム」(SAN-AI GALLERY)

2021,22年 「福々エキシビション」(SAN-AI GALLERY)

他、金沢、熊本、名古屋、三重で多数展示

 

道源 綾香 Ayaka Dogen

北海道札幌市生まれ。学生時代は油彩とテンペラの混合技法で主に人物画を制作。

多摩美術大学大学院を修了後、人物の背景に描いていた風景に興味を持ち、また地元北海道の自然の魅力を再確認しとこともあり、風景画をメインに描き始める。

現在はアクリル絵具と鉛筆を使用。東京都内で制作中

 

展示歴
2013年 UN SEUL GRAIN DE RIZ-一粒の米展 Galerie METANOIA(パリ)/2016年.2017年.2018年
2018年 個展 距離をつかみなおす San-Ai Gallery+contemporary art(東 京)/2016年.2017年.2018年
八色の森の美術展 池田記念美術館(新潟)/2019年
2019年 第一回アート・サクレ フェスティバル(サンリス)/2019年
2020年 アートアトリウム-想の世界-展 SAN-AI GALLERY + contemporary art(東京)/2021年.2022年.2023年
Prix Galerie Combes du Festival dʼArt sacre de Sanlis 2019展The American University of Paris(パリ)
2021年 展覧会 妄想公園 アキバタマビ21(東京)
Cadeau de Noel XI-クリスマスの贈りもの-展 かわかみ画廊(東京)
2022年 Paris Etoiles#3展 Espace Sorbonne 4(パリ)
2023年 OUR VOICE展 リベストギャラリー創(東京) 他グループ展多数参加

受賞歴
2019年 第一回アート・サクレ フェスティバル(サンリス)/2019年
アメリカン・ ユニバーシティー(パリ)賞、モダン・アート・エネジー賞 受賞

 

髙山 真衣 Mai Takayama
長野県生まれ
2011年 女子美術大学絵画学科日本画専攻 卒業
2013年 女子美術大学大学院美術研究科美術専攻日本画研究領域 修了
日本画制作・アートパフォーマンスの活動から新たな表現方法を模索中。
ギャラリーでの勤務経験を生かし展示会の企画に携わるなど発表の場を広げている。

主な展示歴
2011年 横浜トリエンナーレ『 ヤンゲストアーティストマラソン』
2012年 HOTサンダルプロジェクト 島にて滞在制作 (丸亀市企画)
2013年 六本木クロッシング 2013「ディスカーシブ•プラットフォーム」(森美術館)

2014年 高山真衣・東麻奈美2人展 (M50 Joshibi Art Gallery 上海)

2015~2017年 プリュスウルトラアートフェア (spiral)
2016年 international art fair (表参道ヒルズ)
2016年 ART FAIR ASIA FUKUOKA 2016 (ホテルオークラ)
2015~2017年 0ngoingFes アートフェア (Ongoing)
2017年 POP Traditional 高山真衣個展 (台湾)
2017,2021年 ギャラリーバードハウス (長野県茅野市美術館)
2018,2020年「 NEO COUNTER SHAPE 」 (渋谷ヒカリエ)
2018年「 東武絵画市2018」 (東武船橋)

2019,2021年、2022年 アートアトリウム(SAN-AI GALLERY)

2022年 個展(ギャラリーT)
2022年 神戸阪急百貨店
他 個展・グループ・企画展等多数

受賞、掲載
2011年 卒業制作 優秀賞
2011、2013年 月刊『美術の窓』6月号 掲載
2011年 碧い岩見の芸術祭『美術大学選抜日本画展』 奨励賞

2013年 東京工業大学 大学院理工研究科理学系長賞
2013年 小泉淳作記念日本画公募展 入選 (建長寺)概要

 

山内賢二 YAMAUCHI Kenji

2005 創形美術学校研究科絵画造形課程修了

2006 「山内賢二展」SAN-AI GALLERY 東京
2008 「山内賢二展」SAN-AI GALLERY 東京
2010 「1mノ旅 」藍画廊 東京
2011 「よそみのはて」藍画廊 東京
2012 「きんじょのきんじょ」藍画廊 東京
2013 「ウシロマエ」藍画廊 東京
2014 「またたび」藍画廊 東京
2015 「こそあど」藍画廊 東京
2016 「まぼろ視 」藍画廊 東京
2018 「ふいっち」藍画廊 東京
2019 「うらっかえし」藍画廊 東京
「ウシロマエ II」ART TRACE Gallery 東京
「メ・イ・メ・ツ」YUKI−SIS 東京
2020 「ロウレゾ」藍画廊 東京
2022 「まのあたり」藍画廊 東京

グループ展
2020 「arte viviendas」CASADUCUARA ボゴタ/コロンビア
「記憶の筆触 – 牧貴友貴 × 山内賢二」Hideharu Fukasaku Gallery Roppongi 東京
2022 「atrium – アート・セレナード」SAN-AI GALLERY 東京
2023 「八色の森美術展」池田記念美術館 新潟
他多数

アートフェア
2017 シアトル アートフェア シアトル/アメリカ合衆国
2018 ART OSAKA 2018  大阪

Page Top