〒101-0031東京都千代田区東神田1-13-17 森ビル1F
Google マップで見る >

OPEN 12:00  CLOSE 18:30(土17:00、日18:00)
休廊日は展覧会により異なります

03-6206-0811

OPEN
12:00
CLOSE
18:30
(土17:00、日18:00)

休廊日は展覧会により異なります

2022年12月11日(日) ~ 2022年12月17日(土)
12:00~18:30 / 日曜 12:00~18:00 / 月曜休 / 最終日〜17:00迄

木床亜由実展

- Peace -

「青空と麦畑」2022年 油彩、キャンバス 273×273mm

木床亜由実 個展 を開催いたします。
風景の中に大きく描かれる草花、昆虫、魚、動物。細かな線画は、限りなく密集し、背景に穏やかな情景を差し出している。
平和、音楽をワードの一つとして制作された作品の数々を、是非ご高覧ください。

作家

木床 亜由実  Ayumi Kidoko

 

● 略歴
1988年 千葉県生まれ
2013年 武蔵野美術大学造形学部油絵学科卒業
2015年 武蔵野美術大学大学院油絵コース修士課程修了

 

● 個展
2018年 4月「N」(YOYOGI ART GALLERY)
2020年 12月「S」(SAN-AI-GALLERY)
2022年 5月「共生、秘密の彩り」(東京黎明アートルーム地下スペース)

 

● グループ展
2011年 8月「アラカルト ふなばしアート展」(ふなばし市民ギャラリー)(’13年8月、’15年8月、’17年8月、’19年8月、’21年7月)
2015年 6月「生き物のいる風景展」(あらかわ画廊)
2015年8月「U-35 若手クリエイターによるアート・デザインの現在 武蔵野美術大学×ISETAN」 (伊勢丹新宿店本館7階催事場)
2015年10月「神山財団芸術支援プログラム 第1回卒業成果展」(銀座アートホール)
2016年 4月「アカンサスの会」(古美術長野)
2016年6月「moss」(ギャラリー枝香庵)(’19年5月、’21年12月)
2017年 5月「山本冬彦推薦作家展」(東京九段耀画廊)
2017年11月「Girls Art Room in ShinQs」(渋谷ヒカリエ5階レストスペース)
2018年 8月「創造海岸いなげ展」(千葉市民ギャラリー・いなげ)
2019年 1月「ALIVEな始まり」(Gallery Face to Face)
2019年2月「ねこ日和 猫づくし展」(SAN-AI-GALLERY) (’20年1月、’21年2月、’22年2月)
2019年6月「genuine」(花田美術) 7月「真夏の壱伍祭」(SAN-AI-GALLERY)
2020年 3月「はるうらら」(花田美術)
2020年6月「チョイ怖い絵展Ⅲ」(あらかわ画廊)
2020年7月「About”distance”」(Gallery Face to Face)
2020年7月「裏千代田 ねこリンピック2020展」(SAN-AI-GALLERY)
2021年 3月「十二支展」(あらかわ画廊)
2021年5月「KISSA来展」(ギャラリーきっさこ)(’22年 5月)
2021年8月「Selected Small Works Exhibition」(SAN-AI-GALLERY)
2021年8月「―明日へ Move On― 大関摩都花・木床亜由実 展」(あらかわ画廊)
2022年 3月「春の新作展」(創英ギャラリー) 5月「昆虫たちのエチュード展」(あらかわ画廊) など

 

● 受賞歴
2013年 1月 第31回上野の森美術大賞展 入選
2014年 6月 トーキョーワンダーウォール2014 入選
2014年 9月 神山財団芸術支援プログラム 第1期生 合格
2016年 11月 第27回美浜美術展 入選

ステイトメント

私は平和に絵を描いたり音楽を聴いたりして過ごしたいという気持ちが強くなる今日この頃です。
私の思う素敵な絵は、奥行きや重力、モチーフの大きさなどが自由である空間を持つ絵画です。
今後はもっと自由になって素敵な絵が描けたらいいなと思っています。

制作の現場から

SAN-AI GALLERYのブログSAG-repo.で制作過程をご覧いただけます。
木床亜由実 個展 2022 自由な時間と同時代性

Page Top