upcoming

ご予約なしでご入場できます。

COVID-19感染予防対策について
SAN-AI GALLERYでは、ドアと窓を開放して室内換気を行なっております。お客様には、マスクの着用と入室時の手指の消毒をお願いしております。三密回避のために、入場制限をすることがあります。ご協力宜しくお願いいたします。


2021年3月14日(日)~3月20日(土)
原こなみ 宮本万智 展

– Petite –

12:00~18:30/水曜休/最終日~17:00迄

Petite展を開催いたします。
共感するイメージを持ち得るであろうふたりの作家の初の共演になります。
各々が奏でるpetite(小さな)….な世界を是非ご高覧ください。


2021年3月14日(日)~3月20日(土)
– 光の方へ –
かわちりほ 展

12:00~18:30/水曜休/最終日~17:00迄

かわちりほ展を開催いたします。
SAN-AI GALLERYでは、初の展覧会です。
形の面白さ、ユニークさ、心地よさ。
是非お楽しみください。


2021年3月21日(日)~3月27日(土)
– Flowing border –
池田萌子 展

12:00~18:30/水曜休/最終日~17:00迄

池田萌子の個展を開催いたします。
陶立体を標本のように展示。記憶をたどった形を並べていきます。
是非ご高覧ください。


2021年3月21日(日)~3月27日(土)
– 陶の世界  灯と器 –
高山美和子 展

12:00~18:30/水曜休/最終日~17:00迄

高山美和子展を開催いたします。
土の素材感が味わえる展覧会。
家をモチーフにした灯、香炉。
器もお楽しみいただけます。
是非ご高覧ください。

<カップ>私がこだわる350mlのマグカップです。少し歪ませてアンニュイ感を表現しました。<ビアカップ>手におさまるビアカップ。マット釉が泡立ちを程よく抑え、喉ごし最高!

<和蝋燭のこだわり>

和蝋燭は日常ではあまり縁のない物だと思っていましたが、和蝋燭のまっすぐな炎に安堵し癒されるうちに、インテリアとしても楽しめる和蝋燭のための器を作りたくなりました。コロナ禍の中、心に安堵を灯して下さい。


2021年3月28日(日)~4月3日(土)
– color color color –
平丸陽子 展

12:00~18:30/水曜休/最終日~17:00迄

平丸陽子の個展を開催いたします。
オイルパステルで描いた作品を主に展示いたします。100号の作品も予定しております。

重なり合う色の世界を
是非、ご高覧ください。


2021年4月4日(日)~4月10日(土)
– –
岩井尚子 展

岩井尚子の個展を開催いたします。
装飾品を身につけた人物を描いた日本画を発表いたします。


2021年4月4日(日)~4月10日(土)
– 白々と咲く-
山田春美 展

パート・ド・ヴェール(技法)の作品展です。白い空間に白いガラスを用いた花瓶、器、オブジェを展示いたします。
外光を受けたガラスの輝き、造作の美をお楽しみください。


2021年4月11日(日)~4月17日(土)
– ニライカナイ-
須恵朋子 展

須惠朋子の個展を開催いたします。
沖縄の離島、久高島(くだかじま)を訪れた作者が、大自然から感じ取った感覚を描く。
タイトルのニライカナイとは、
沖縄地方で海のかなたや海底にあると信じられる異なる世界。
ニライカナイから神々が人間の世界を訪問し,豊饒繁栄をもたらすともいわれている。
ゆっくりと流れる時間、青く美しい世界を日本画で描いています。



2021年4月18日(日)~4月24日(土)
– どこかへ-
柴田菜月 展

柴田菜月の個展を開催いたします。
どこかへ行きたい!の気持ちをまとったどうぶつ。
インテリアになる楽しいどうぶつモチーフのやきもの。時計やミラー、手のひらサイズの作品も。
是非ご高覧ください。


2021年4月25日(日)~5月1日(土)

清水健太郎 展

バベルの末裔たち。幻想風景の中で生きる人々の姿。散歩や庭いじりの際に見かけるような何気ない樹木や草花など。
塔の周りを追いかけてご覧ください。