近年までは、「窓」や「本」をテーマに、社会との繋がりを歴史を軸に表現をしてきました。
今回の展覧会では、あえて何もない状況を「Sience」と題し、新たなテーマとして制作に望んでいます。