2018.7.28.sat.~8.7.sat.
[ Solo Exhibition  – 極光深淵 – ]

瓜生 剛  Tsuyoshi URYU

12:00~18:00/最終日~17:30迄

 

瓜生剛は、1981年生まれ。大学を卒業の翌年、シェル美術賞入選、ワンダーシードで展示。他、美術館など多数に作品を出展。個展では、2011年「侵蝕群景」、2012年「侵蝕群棲」、「深層刻景」他、昨年2017年には、「侵蝕分岐点」で作品を発表。海外では台北、ソウルなどのアートフェアにも出展し、活動の場を広げている。瓜生の作品は、彩度のある画面に具体的な事物などが描かれる。輪郭に目を囚われるが、見え隠れするように見える陰影に、一転、不安を過ぎらせる構成になっている。
流れていく時の速さに流れてゆく景色で、実際に存在する物事が見えなくなる、自身さえも消えて見えているではないかと感じるのか。これは現代の情報の多さや誰もが持つ未来への不安がもたらすのか。世界にまでおよぶ多くの情報がある。個への関心が時に集まる。しかし経過する時間に、情報は薄まり、記憶も曖昧になる。今回の展覧会では、極光深淵と題し、自身の記憶の位置を見つめ、制作されている。極光(オーロラ)の色彩が、出迎えてくれる展示になるであろう。

 

 


2018.7.28.sat.~8.7.sat.
[ Solo Exhibition  – 景色を刻む – ]

佐藤牧子   Makiko Sato

12:00~18:00/最終日~17:30迄

 

粘土にしのぎを入れたり、象嵌や掻き落としなど、刻む行為がある。
景色の一部に作品がなる。どこかで見た景色になる。
茨城県在住。
白、黄の地の作品を中心に、展示をいたします。

作品点数は約30点。

 

 

 


 

2018.8.18.sat.~9.1.sat.
[ Solo Exhibition   ]

手銭吾郎   Goro Tezeni

12:00~18:00/最終日~17:00迄

 

手銭吾郎の個展を開催いたします。1967年生まれ。東京藝術大学を卒業後、日本現代工芸展で作品発表を続け、2006年に文化庁新進芸術家海外留学制度(工芸)で、派遣研修に英国へ。2015年には、東京国際フォーラムアートフェア「DOMANI 明日展 Plus」
に出品。作品は、鍛金技法のへら絞りを用い、人体を構成。一枚板で作られたジェンダーな顔立ちは穏やかさを、閉じた口元には意志を感じさせる。体は、へら絞りのパーツを組み合わせるもので、機械的であり、人工的な要素が組み込まれている。
作品は、立像の作品の他、へら絞りで作った器の作品も展示される。

 

 

 

 


2018.9.4.tue.~9.9.sun.
[ Solo Exhibition  -距離をつかみなおす- ]

道源綾香   Ayaka Dougen

12:00~18:00/最終日~16:00迄