記憶をたどる時に、湧き上がる感情、回想、心の動揺など、思いめぐらす記憶の中で感情が行き来する。作家それぞれのテーマの中に、記憶が存在する。