Now Exhibition           
[2006.12.14-12.24]  会期中無休

18人の作家による
マトリョーシカ と グリーティングカード 展

出品作家
長 雪恵・柏田彩子・こうの紫・北村人・木村光雄・櫛田縁・小出絵理子・
さささとこ・佐藤エツミ・さんさん・鈴木啓之・タカスココ・高山裕子・
野澤里沙・minami・miz.Satoyo・矢野信一郎・山田祐子


12月24日(日) 15:00〜 (入場料1コイン500円:クリスマスワイン[1杯]をお供にお楽しみください)
マトリョミン演奏「ニチェボー!」
クリスマスソングのアンサンブル演奏を予定しております



●今回の展覧会について
 今年最後のイベントとして、マトリョーシカ展をいたします。昨年は、イラストレーター(熊井正、土屋尚武
両氏)のトークショーを入れた展覧会をいたしましたが、今回は、お正月とクリスマスを控えたこの時期に合わ
せて、プレゼントとしても喜ばれそうなマトリョーシカを展示することにいたしました。

 
 *マトリョーシカ(matryshka) :ロシアの代表的な木製人形。
   日本のこけしからヒントを得て作られ、大きさの違う人形を入れ子式にそれぞれの体内に納めるもの。


 無地のマトリョーシカ木型に18人(雑誌、装幀などを手がけるイラストレーター12人、絵画作家4人、写真家2人)
の作家が各々の彩色を施します。人形のカタチをした木型に、さまざまなデザインのマトリョーシカ55体を揃えます。
サイズは4タイプ。高さ19cm、16cm、12cmのものと、変わり種の高さ12cmの卵形のマトリョーシカです。その他、
オーソドックスなロシアのマトリョーシカ、ボールペンの先にマトリョーシカの人形が付いたボールペンもおまけ展
示いたします。
 ギャラリー内の棚には、各作家の作ったグリーティングカードも並べます。
 展覧会ラストイベント(12月24日 午後3時より)として、マトリョミン(マトリョーシカの中にテルミンの機能を
収めた楽器)演奏グループ「ニチェボー!」をお招きし、クリスマスソングをアンサンブルで演奏していただきます。

個性豊かな魅力ある作品の数々をお楽しみください。


*相田康一郎さん主宰「ニチェボー!」は総勢8人。この演奏会には3人くらいを予定。
ニチェボーとはロシア語で気にしないという意味。2005年の千葉県柏市での演奏会を機に結成。
相田さんの主な演奏歴:2005年恵比寿ガーデンプレイス「恵比寿麦酒記念館・銅釜ホール」、
2006年渋谷 「O-nest」、ドイツBielefeldとイギリスLondon「竹内正実氏のテルミンおよび
マトリョミンアンサンブル・マーブルでの欧州ツアー」メディア:NHKテレビロシア語講座のコーナー「もっとロシア気分 〜“マトリョミン”を弾こう!〜」、TBSラジオ「永六輔の土曜ワイド」、フジテレビ「FNNスーパーニュースWEEKENDお台場トレンド王」他多数活動。