Exhibition
Now Exhibition           
                  It's NEW
[2006.10.10-10.18]  会期中無休

記憶  岩野仁美・長雪恵・松本シンイル 展 / <絵画>

○今回の展覧会について
記憶とは、物事を忘れずに覚えている、また覚えておくこと。(心)過去の経験の内容を保持し、それを後で思い出すこと。
将来の行動に必要な情報をその時点まで保持すること。生物体に過去の影響が残ること。
 記憶は、自身の実体験に基づく記憶であったり、生命体が持っているであろう記憶であったり、また現実に合ったのかどうか定か
でない曖昧な過去の記憶であったりとまちまちです。そもそも絵画、彫刻などの美術作品は、記憶から成り立っているといえます。
今回の展覧会では、記憶を形象化した作品としてご覧いただきたいと思います。
 岩野仁美は、誰かが、確かにここにいたと思える場所を探しています。それは大切な人とのふれあいの中や、日々目にする風景だ
ったり、浮かんでは消える記憶の中や、誰かの話の中だったり、いろいろな所に存在します。写真やアクリルによる絵画、ドローイ
イングと、「木目込み」という伝統工芸の手法を組み合わせた表現方法で、永遠だと思える一瞬を、色に、形に、線に、詩に、留め
ることを試みています。
長雪恵は、木に彫刻刀で彫り、その上からクレヨンやマーカー等で彩色をしています。「彫る」という−(マイナス)と、クレヨ
ン・マーカー等での「描く」という+(プラス)の2つの方法で画面を構築しているのです。モチーフは「とある日のとある場所の
とある風景」。動物達・植物達がその世界の中で自らの意思をもち「存在」する様を描きます。どこかなつかしく思える、また、
見たことがあるようで見たことがない景色。心の奥底の記憶。長自身は、「写真ではなく絵画でしか表せない、いろいろな人がいろ
いろな思いで見つめるいくつかの視点を1つの画面に表現したい。「生きていく事」とは…「優しさ」の裏にある「残酷さ」・「楽
しさ」の裏にある「つらさ」・「あたたかさ」の裏の「冷酷さ」・「かわいさ」の裏にある「醜さ」。裏に隠された「憂い」も含め
てが『生活=生きていくこと』だ」と考え、制作しています。
 松本シンイルは、「リアルに感じないのに現実的にあるもの、または事。フィクションであるのに非常に現実的に感じるもの、又
は事。」をコンセプトに制作しています。「宮川淳が言ったように「世界はもともとイマージュでできている」のだろうか?だとす
るなら・・その曖昧なものを曖昧のまま伝えられる具体的な方法、四次元の影を三次元にうつす「幽霊のような」アフラマンス、
そして「鏡」を具体的方法「美術」で表したい。この私がどっぷりつかった「現実」という夢をあなたがどっぷりつかった「現実」
という夢と比較してほしい。」と語っています。
 それぞれの記憶を自身と重ね合わせてご高覧いただければと思います。作家約6点、合計30点の作品を展示いたします。



岩野仁美 IWANO Hitomi

<略歴>
1979年  東京都に生まれる
2003年  東京造形大学絵画科卒業
2006年  トーキョーワンダーシード入選
  個展
2002年  −緑の隙間 −(Key gallery/銀座)
  03年  岩野仁美展 −画廊企画−(東京アートファクトリー/新橋)
  04年  Pieces of The Flower -aknot/結び目-(LAPIN ET HALOT/表参道)
  05年  岩野仁美展 −企画/ギャラリー華音留−(みやしんギャラリー/仙台)
       光の始まり −画廊企画−(小野画廊II/銀座)
       VOICE −画廊企画−(小野画廊II)
       Whereabouts −画廊企画−(LAPIN ET HALOT)
  06年  Chain reaction#1 −企画/橋本誠+YOSHIDATEHOUSE−
                 (YOSHIDATE HOUSE/横浜)
       岩野仁美展 −画廊企画−(ギャラリーモナ/麻布十番)
       深海の花火(フタバ画廊/銀座)
主なグループ展−
2001年  現代美術小品展(Key gallery)
       DISCOVERY2001(Key gallery)
       ガーリー展(ART GUILD/東麻布)
  03年  1M展(東京アートファクトリー)
       Jin Session 2003 Vol.2 'slow' (GalleryJin/吉祥寺)
       SJP(SWEDEN and JAPAN Art Exchange Program)
       ジョイント展(東京アートファクトリー)
       TRIANGLE SIGHT
       (東京アートファクトリー・GALLERY NAW/大阪・Gallery B-Life cafe/京都)
  04年  DISCOVERY2004(Key Gallery)
       SJPスウェーデン大使館展(スウェーデン大使館/六本木)
  05年  SJPジョイント展(文房堂ギャラリー/神保町)
  06年  7 Japanese artists(Gallery 1/スウェーデン)



長 雪恵 OSA Yukie

1976年    東京生まれ
1998年    明治大学政治経済学部卒業
2000年    多摩美術大学造形表現学部造形学科油画専攻入学
2003年3月  「闇鍋展」(グループ展・新宿区民ギャラリー)
     9月  「Art45」(ギャラリーヨコハマ)
2004年2月3月 卒業制作展(ギャラリーくぼた別館・多摩美上野毛校舎)
     2月  五美大展(東京都美術館)
     3月  多摩美術大学造形表現学部造形学科油画専攻卒業
     11月 タマアートコンペティション 入選
     12月 多摩美術大学校友会小品展(ギャラリーくぼた別館)
2005年3月  第23回伊豆美術祭(IZUBI展) 入選
     4月  「Pixis展」(グループ展・アートスペース羅針盤)
     10月 第20回国民文化祭・ふくい2005 文部科学大臣奨励賞
         第18回美浜美術展 入選
         第6回熊谷守一大賞展 入選
         世界堂「もうひとつのせかい YES展」 遠藤彰子賞
  11月 「コレクターの見る視点展」(グループ展・Art Salon 叢Sou)
     12月        〃     (グループ展・ギャラリーd.g.)
         多摩美術大学校友会小品展(文房堂ギャラリー) 
 「Knock」展(グループ展・ ラパン・エ・アロ)
2006年1月  「ひょうたんからこま」展(グループ展・アートスペース羅針盤)
     2月  「第10回若き画家たちからのメッセージ2006」展
                     (グループ展・すどう美術館)
     7月  「第12回現代美術FREEMARKET」(すどう美術館)
     8月  第1回全国公募絵画展2006・ビエンナーレうしく 入選・賞候補
         2006 第16回ART BOX大賞展 入選・賞候補

今後の予定
8月   2006 第16回ART BOX大賞展グランプリ選抜展(ART BOXギャラリー)



松本シンイル MATSUMOTO Shiniru

1992 武蔵野美術大学短期大学部美術科卒業
1993 東京芸術専門学校美術研究科終了
1994 Bゼミスクーリングシステム中途退所
1996 名古屋芸術大学美術学部洋画科版画専攻卒業

2004  日本コラージュ展  ギャラリィK(東京・銀座)以後2006年まで毎年
      表現される現在   T&Sギャラリー(東京・中延)以後2005年まで毎年
      K−109展  名古屋市民ギャラリー矢田(愛知・名古屋)
      第5回 スパイラル・インディペンデンス・クリエーターズ・フェスティバルスパイラルホール(東京・原宿)
      Free ART Free2004 ギャラリーGAN(東京・渋谷)
      神奈川県勤労者美術展 横浜市民ギャラリー(神奈川・横浜)以後2006年まで毎年
      横須賀市民文化祭 横須賀市文化会館(神奈川・横須賀)以後2006年まで毎年
      ART Jam ‘Boutique‘ ギャラリー山口(東京・銀座)
      冊子「harapa」03、04、05

      ポポタムオープニング展示 ブック&ギャラリーポポタム(東京・目白)
      Tシャツアート展  ブック&ギャラリーポポタム(東京・目白)2006年まで毎年
      子どもたちの未来を救うTシャツアート展 東京都美術館第一彫塑室(東京・上野)
      小野画廊小品展 銀座小野画廊(東京・銀座)2006年まで毎年
      よこすか環境アート壁画制作 (神奈川・横須賀)
      雑誌「精神保健福祉」vol.36/No.4/通巻64号 ギャラリーの欄に作品掲載









             岩野仁美







                        長 雪恵







                    松本シンイル