Now Exhibition           
[2006.10.31-11.8]  会期中無休

次世代 展 / <絵画・映像>
岡村一輝・山下智子・篠島紗恵子 展


○今回の展覧会について
 岡村一輝、山下智子、篠島紗恵子からなる油彩画や映像の展覧会。個人的の

ようであってそうではない、現代における『ありのまま』を映す私たちの、
観客を巻き込む表現への挑戦です。
 東京芸術大学に在籍する若い3人の作家が次世代展と名乗るメッセージを

受け取っていただきたいと思います。
作家約6点、合計30点の作品を展示いたします。
 (各作家の作品コンセプトは、以下に記載しております)

↓↓

●岡村一輝
21世紀を生きる私達はケータイ、パソコン、ゲーム、iPod、あらゆるデジタル製品を
身につけている。
デジタル製品を通して遊び、恋愛し、自己発信している。
そして様々な悩み、矛盾、葛藤さえもデジタル製品を駆使しながら感じている。
しかし、その根本は昔から変わることのない普遍的なものである。
0と1の配列のなかであっても、悩み、矛盾し、葛藤しているときこそエネルギッシュ
な本能を感じる。
デジタル世界に垣間みるエネルギー。
0と1の配列はプリミティブな生命力を記憶している。
そんな人間の愛すべき生命力を私は表現せずにはいられません。


●山下智子
例えば、植物は植物としてすべてがさりげなく等しく在るのではなく、
人との特別な関わりを持って特別な存在になるものがある。
整理分類された巨大な植物園で、
ニュートンの林檎の分株とメンデルの葡萄の分株が並んでいた時の気持ちの高揚。
例えば学者が庭で植物を愛しむ時、どのような理由を持ってその風景が在るのか。
興味が尽きることはない。



●篠島紗恵子

自分がどこからどこまでを指すのかわからないでいるのに、私は孤独を感じている。
空気があなたや私のまわりを流れ、塵が舞い、世の中は混ざり合っているのに。
地球が産み落とした私は、いつからなのか、私が私であることを求めている。
私が全く理解できえない私という宇宙は、あなたをつよく求めている。


岡村一輝 OKAMURA Kazuki
1983年  東京都出身
2003年  東京藝術大学絵画科油画専攻入学

活動内容
2005年 四芸祭「初展」(東京藝術大学)
     AMUSE ART JAM 2005 in KYOUTO
         (京都文化博物館)

2006年 次世代展
      (目黒区美術館区民ギャラリー)
     GEISAI#9(東京ビックサイト)
     山月記〜光と音の無言劇〜
     
第1回東京藝術大学奏楽堂
          企画学内募集最優秀企画
         (東京藝術大学奏楽堂)



山下智子  YAMASHITA Tomoko
1983年生まれ
東京芸術大学絵画科油画専攻4年在籍

2006 グループ展「次世代展」

    (目黒区美術館区民ギャラリー)





篠島紗恵子SHINIJIMA Saeko
1984うまれ
2003東京芸術大学絵画科油画専攻入学

2005   ・トーキョーワンダーウォール

       (東京都現代美術館)
    ・GEISAI#8(東京ビックサイト)
2006   ・グループ展「Naive Art XII」

      (Pepper's loft Gallery)
    ・グループ展「次世代展」

    (目黒区美術館区民ギャラリー)
    ・グループ展「犬展」

    (目黒区美術館区民ギャラリー)
    ・GEISAI#9(東京ビックサイト)